シリコンバレー発オンラインカスタムシャツブランド Original Stitch、酷暑を乗り切る多機能性生地「ASTERisK(アスタリスク)」の販売開始を発表

           

■従来のノンアイロンシャツよりもさらに機能性がアップしたスタイリッシュな生地が登場!


イメージ画像

 今回の生地ASTERisKは今年の酷暑には嬉しい吸収速乾と抗菌防臭が施されており、機能性を意識したセレクションです。さらに洗濯後のシワの残り具合を表す指標であるW&W(ウォッシュ&ウエア性)等級(*1)は3.2となっており、形態安定の他、ストレッチ加工が施されているためご家庭で安心してお手入れをしていただける特性を持った生地の追加となります。また、今回はツイル生地とヘリンボーン生地、各白・青の2色展開の4種類をご用意、幅広い世代のユーザーにご利用いただけるラインナップとなっております。

 今回の発表について、Original Stitch CEOであるJin Koh(ジン・コー)は以下のように述べています。「今回の新作生地追加により、更に機能性の高いシャツを皆様にお届けできることを大変嬉しく思います。よりカスタムの幅が広がり、ファッションブランドとしてさらに大きな飛躍を目指すOriginal Stitchに、今後ともご注目下さい。」

■Original Stitchについて
「Original Stitch」は、シリコンバレーで働くエンジニアの「服を買いに行くのが面倒くさい」という思いから生まれました。2013年にシリコンバレーでテストサービスを開始し、2014年に日本版をスタート。2015年ブランドの母体となる「Original Inc.」を設立後、「すべてのクローゼットにカスタムシャツを」というビジョンのもと、サービスを展開しています。袖、襟、ボタン、プリーツなど、シャツの細部までカスタマイズが可能で、10億通りのパターンから選ぶことができます。また、400種類以上の高品質な生地を用意しており、ドレスシャツ、カジュアルシャツ、フォーマルシャツ、ユニークシャツなど様々なシャツを自分好みにデザインして最短5分でオーダー可能です。シャツは日本国内の工場で、職人の手により丁寧に仕立てたものをお届けしています。
公式サイト:https://ja-jp.originalstitch.com/

(*1)アパレル製品等品質性能対策協議会(通称:アパ対協)が規定している「形態安定加工ワイシャツ評価方法」に基づいて試験および評価した値。